フリーランス最新案件から現状を把握する~その①~Android

現状分析するのは大事です。

なぜなら、現状を知れば単価感も把握できて、注目されているスキルも把握できます。

今後の分析もできるでしょう!

ご自分のスキルと照らし合わせ、少しでも参考になれば幸いです^ ^

 

私自身の勉強も含め、最新の情報でプチ分析して行きたいと思いますので、

どうぞよろしくお願い致します。

 

本日は、特に動きのある最新Android案件についてまとめてみました。

ぜひご覧ください。

 

<<案件情報>>

【Android】モバイルレジのスマホ版アプリ開発     
単価:55万円程 
スキル:経験1年以上、ネットワーク処理、WebAPI連携を実装したことのある方
【Android】シミュレーターゲーム開発案件     
単価:60万円程 
スキル:経験1年以上、ソーシャルゲーム経験 
【Android】ソーシャルゲーム新規開発        
単価:55万円程 
スキル:業務1年以上、C++の開発経験1年
【Android】大手出版社向けAndroidアプリ開発     
単価:55万円程 
スキル:開発経験数本、Java開発経験2~3年
【Android】タブレット向けカード決済アプリ開発
 単価:60万円程

スキル:業務半年以上、ネットワーク処理、WebAPI連携を実装したことのある方

 

<<思う事>>

まず、見た瞬間に思う事、それはソーシャルゲーム以外の案件が増えてきたということ。

少し前はスマホ案件といったらほとんどがソーシャルゲーム案件でした。

グリーが200名の希望退職者を募ってますが、やはり市場はゲーム以外に向いてきているということでしょうか。

しかし、まだまだソーシャルゲーム案件は豊富にありますよ。

 

次に、判断基準が経験1年間という数字に落ち着いてきたという点です。

書類選考も実績経験年数で判断されるので、参画中の案件の退場を考えているようでしたらスキルシートに1年とかけるようにはしておいた方が良いかもしれませんね。

 

また、尚可スキルでネットワーク処理やWebAPI連携の実装経験というのも多く出てきました。

 

<<最新案件から分かる事>>

1.単価は開発経験が1年以上あれば57万円ほどは貰える

2.ソーシャルゲーム以外の案件の単価が上がってきている

3.1年以上の経験があれば入りやすい(判断基準がそこ)

4.ネットワーク処理、WebAPI連携の実装経験があると強い

 

 


ホーム > お知らせ > フリーランス最新案件から現状を把握する~その①~Android