意識するだけで単価は上がる!フリーエンジニアのヒント

こんにちは。フリーエンジニアコンサルタントの宮崎です。

本日もフリーエンジニアの方に複数の現場をご紹介させて頂きました。

やはり、良い現場をご紹介出来た時は嬉しいものです^ ^

 

さて最近ですが、気になるご相談をうけました。

「フリーエンジニアになれば身入りが増えると思っていたけど、実際はなかなか上がらないですよね!確定申告とか面倒だし、ボーナスがない分、そんな収入・・・変わってないかも。」とのこと。

 

んー。

これは残念です。

解決しなければなりません。

折角、少しでもリスクのあるフリーエンジニアになったのに、それでは報われないですよね。

 

 

 

実は単価があまりあがらない方の理由は主に3点あるんです。

  1. 商流が深い(間に紹介会社が何社も入っている)

  2. 現代ニーズが少ないスキルを身につけている

  3. 焦って案件を探してしまう

 

これはかなり重要です。

順に説明してきますね。

 

1.商流が深い

これは面談の際に、何社もの営業がきて入れ替わり立ち代わりになる時がそうです。

「○○社の○○です。本日はよろしくお願いします!」といった1分後には他の会社の営業の方が来て、また同じ挨拶の繰り返し。。。

そんな経験はありませんか?

もちろん間に入っている会社それぞれがマージンを抜いている訳ですから、5社とか入った際は1社あたり3〜5万円だとしても、15〜25万円が抜かれている訳です。

商流が深い案件を紹介してくるエージェントは他の案件も商流が深い事が多いので、

意識してエージェントを選びましょう。

 

2.現代ニーズが少ないスキルを身につけている

これは分かりづらいかもしれませんが、実はフリーエンジニアの単価はスキルによってかなりの差があります。

2013年10月の現時点での話ですが、下記二人のエンジニアのスキルですと、10〜15万円は変わってきます。

・25歳でC#,NETを3年間、製造フェーズを経験してきました。

・25歳でVB,NETを3年間、製造フェーズを経験してきました。

ここ1年間でC#,NETの案件がかなり増えてますので、単価に開きがある訳です。

ただ、スキルチェンジなんてそうやすやすと出来る事ではないですから、

近いスキルで、最新の技術に携われる案件があるのならそちらを優先するのが良いという事ですね。

 

3.焦って案件を探してしまう

案件が途切れないように、という事で焦って案件を探す方を良く見かけます。

もちろんエージェントは早く決めたいですから、面談を調整すればそれで決まって欲しいと考えてます。

もし焦って決めたもんであれば、単価が希望額を下回ることもあったり、似たような下流行程の仕事を請けてしまったり。と、良い事はほとんどないのです。

契約終了の1ヶ月以上前から早めに次案件を探しましょう。

 

以上、ご説明させて頂き、単価を上げていくためにはこれらを自分で気をつける事が大事です。

あとは希望に応えてくれる良いエージェントと巡り会えれば、心強いですね。^ ^

 


ホーム > お知らせ > 意識するだけで単価は上がる!フリーエンジニアのヒント